スーパー管理部長

ログイン
登録フォームはこちら

社員教育・人事考課作成での使い方

トップページ >> 社員教育・人事考課作成での使い方

社員教育では、何よりも【継続する】ことが重要です。一度の指示・教育だけでは、人は育ちません。もし仮に、一度の教育で育っていれば、全ての会社のテーマにはなりません。


そして重要なのは、プロの世界は【結果を残す】ことでしか、認められないということ。
かなり冷たいように聞こえるかも知れませんが、私はマネージャー時代、部下に良く言っていたことは、「頑張らなくていいから、結果を出せ」です。


仮に「自分は頑張っています」という話があったとしても、試合後も毎日500回の素振りをしている野球選手と、君の頑張りとの定義の差は何?というと、ぐうの根も出ません。
では、素振り毎日500回している人が、「俺は頑張っている」ということを言ったことが あるでしょうか?この選手に限らず、結果を残している人に、そんなこと言う人はいないように思います。


ですので、部下を単に頑張らせるのは上司の仕事ではなく、部下が結果を出せるように、日々努めなければならないということにつきると思います。


技術はもちろん、仕事に対するモチベーション管理、これも継続していくことが重要かと思います。プロの選手同様、結果を残して嬉しくない人はいないと思います。


是非、結果というキーワードを大切にしてください。

スーパー管理部長の使い方

  • 1) 社員管理による、アニバーサリー管理
  • 2) 社員管理による、賞罰記録
  • 3) 社員管理による、人事考課作成・面談
  • 4) 日報・目標管理フォーマット
  • 5) 就業規則・各種帳票類による、社内ルール作成
  • 6) 代表者個人資産台帳の作成

映像研修

部下を育てる!社員教育研修 対象者:経営者・管理職など
利益重視!原価管理研修 対象者:対象者全員